ラインスキャナー2

linescan2.jpg


「ラインスキャナーⅡ」は誤差コインの主な原因となる外部集中端子板の不具合を早期発見します。これによって誤差コイン原因調査作業の短縮に大きく貢献できます。また、ホールコンピュータやナンバーランプを含めた総合チェック用データ出力機能を備えています。
dotline03.gif
■数値測定機能
外部端子板上のリレー部品に対してON⇔OFF双方向で応答速度を計測しています。これにより、外部集中端子板の健康状態を知ることができ、誤差コインの発生源を絞り込むことも可能です。
dotline03.gif
■多彩な機能:
① ボーナスゲームのシミュレーションが可能です。これにより、ナンバーランプの獲得枚数やホールコンピュータとの計数比較で総合的なチェックを簡単に行えます。
② IN・OUTに同数の同数の信号を出力して計数チェックします。信号速度の可変やボーナス信号の同時出力も可能です。もちろん、ホールコンピュータにて計測することもできます。
dotline03.gif
■検査対象:
VI型・VI2型・VIb2型・VI3型・ユニバーサル系型・SNK型
※三洋型・京楽型との接続には専用ハーネス(オプション)が必要です。
dotline03.gif
■注意事項:
ナンバーランプやホールコンピュータ等のデータチェックの際には閉店作業やデータクリア処理等を打ち合わせの上でご使用ください。
※ラインスキャナーⅡを使用しての故障や破損に関しては一切の補償はできません。
dotline03.gif
■価格:
◎ラインスキャナーⅡ本体セット ¥120,000
◎標準検査ハーネス ¥4,000 (保守部品)※本体セットには付属しています。
◎三洋用・京楽用各々@ ¥3,500 (オプションハーネス)
dotline03.gif
この製品のお問い合せこちらまでLinkIcon

■FAXでのご注文も承っております。
右の発注書をプリントしてお送りください。LinkIconordersheet.pdf