■「再」注意喚起発出!!

ゴト被害について、遊技機メーカーさんが「注意喚起文書」を出すことがあります。
「当該ゴト被害をメーカーとして確認したのでご注意ください。」といった感じです。これは遊技場業界団体のホームページなどに掲載されたり、組合を通じて周知されます。

2018年、「押忍!番長3/A5」のメイン基板裏側から不正なチップが発見されたゴト被害を覚えていますか?
メダル払い出し装置を誤作動させる機能を持つチップでした。情報信号も操作しますからデータ異常も表れないという「優れもの」だったのです。

大都系パチスロ機のメイン基板部分の構造は、「番長3」以降現行機に至るまで同じです。
「被害機種と同一構造であるなら警戒を緩めない。」セキュリティの鉄則の一つです。そんなわけですから、たとえ新台であっても、メイン基板のチェックは今でも欠かさず実行しているのです(弊社の場合)。

「注意喚起」ではなく「注意喚起」です。
「今も危険ですよー」とメーカーさんが同一構造の全機種を対象に警戒を呼びかけています。

■「台叩きゴト」追加情報

ファフナーを狙ったゴトは全国に広がっています。
磁石も併用しているのではないかなどとの声も聞こえます。
稼働好調な人気機種ですからしっかりとガードしなければなりません。

単独犯によるお手軽ゴトとの観測をお持ちかもしれませんが、壁役を配置した本格的な取り組み(?)も確認されていてゴト側からは「食えるゴト」と認定されているのではないかと推察され、さらなる拡大が心配されます。

基本的なゴト対策として、センサー信号のナンバーランプへの接続が挙げられます。
内蔵センサーが発報しても、台枠ランプの点滅や警報音だけでは不十分ですから監視カメラによるズーム録画やインカムへの自動放送を可能にさせるのです。追加コストはほとんどありませんし接続作業もシンプルです。

ところが、ここまでやっても安心はできません。

内蔵センサーを無力にする攻略方法があるのです。
ゴト氏たちはみんな知っています。ホールの方々も知っておくべきでしょう。

ガラスが開いた状態ではセンサー機能がOFFになります。これは、誤発報を防ぐための基本的な仕組みです。
実際にガラス枠を開くことができなくても、開いていると台に認識させれば目的達成です。ここでは具体的な方法には触れません。

要するに、内蔵センサーは攻略される可能性が高いので別途専用のセンサーを設置すべきです。センサーの詳細はこちらから。

 

■「台叩きゴト」発生!!

狙われたのは「P蒼穹のファフナー2A」でした。
先週、京都市内での出来事です。

遊技機に内蔵されている振動センサーが反応しました。
台からの信号をナンバーランプに接続していたため事なきを得ています。
台叩きを実行したのは若い男性二人組だったということです。

実行犯はマスクをしていました。時節柄というよりこれからの時代というべきか、マスクをしている人たちが大半になると思われ、少なくとも人相で人を判断することが困難な時代になります。ゴト氏たちにとって好都合な時代到来ということでしょうか、、、。