■「再」注意喚起発出!!

ゴト被害について、遊技機メーカーさんが「注意喚起文書」を出すことがあります。
「当該ゴト被害をメーカーとして確認したのでご注意ください。」といった感じです。これは遊技場業界団体のホームページなどに掲載されたり、組合を通じて周知されます。

2018年、「押忍!番長3/A5」のメイン基板裏側から不正なチップが発見されたゴト被害を覚えていますか?
メダル払い出し装置を誤作動させる機能を持つチップでした。情報信号も操作しますからデータ異常も表れないという「優れもの」だったのです。

大都系パチスロ機のメイン基板部分の構造は、「番長3」以降現行機に至るまで同じです。
「被害機種と同一構造であるなら警戒を緩めない。」セキュリティの鉄則の一つです。そんなわけですから、たとえ新台であっても、メイン基板のチェックは今でも欠かさず実行しているのです(弊社の場合)。

「注意喚起」ではなく「注意喚起」です。
「今も危険ですよー」とメーカーさんが同一構造の全機種を対象に警戒を呼びかけています。