■「ぱちんこAKBワン・ツー・スリー!!フェスティバル」セルゴト

「AKB48」においてゴト被害情報が複数飛び込んできました。

かつて「超韋駄天」で大きなゴト被害が発生し、その後「ウルトラマンタロウ2」においても被害が発生したゴト手口です。
すでに、業界団体やメーカーさんから注意喚起が発せられ、専用のゴト対策品が配布され設置済みで「ゴト対策済み」のはずでした。

犯行の概要
情報によりますと、それぞれ異なる役割を担った複数犯によるものだったようです。当然のことですが、グループ全員がまとまって入場するような団体行動は取りません。さり気なくバラバラに散らばって時を待つのです。
見張り役がターゲットを特定し実行犯がゴト器具を用いて当たりを引き当てる、その後のゲームは打ち子に任せて他の者はホールから退出するといった具合です。ケースによって実行役をカバーする壁役を伴うこともあります。
遊技台で玉を出している当人(打ち子)がゴト器具を所持している可能性は低く「後の祭り」状態になってしまいます。

ゴト被害発覚の経緯
通常時ではありえない初当たりラウンド数がホールコンデータで確認されたことが端緒だったそうです。
被害台での初当たりが10Rだったというのです。4Rなら正常ということですが、見極めが困難な状況もあり、必ずしも万全確認方法とは言えないようです。

傷跡
一般的に「セルゴト」という手口では、あらかじめ「ゲタ」と呼ばれる補助具を使用して隙間を広げ、本来のゴト器具である「セル板」や「ピアノ線」を筐体内に差し込んで役物を誤作動させます。このときゴト器具の使用痕跡が筐体内外に残されることがあるのです。
この傷跡の有無確認がとても大切です。「うちのホールにも来たのか!」を知ると知らないでは大違いですから。
しかし見逃すことが多いのも事実です。弊社(ティープラン)のようなプロの検査会社に検査依頼されることをおすすめいたします。

ゴト対策
今回の被害機種にはメーカーから配布された対策品が設置済みだったそうです。にもかかわらずご被害を受けています。
足りない部分を補間する追加対策の設置が必要です。

下記に対策品をご参照ください。

ゴト対策品のご案内

 

 

Posted by Author